猛禽類というと鷲とか鷹とか鋭い嘴を持った鳥を思い出しますが、チョウゲンボウというとても可愛い猛禽類が、私の住んでいる街に来ています。上の写真は橋の外灯の上に止まったチョウゲンボウです。嘴が小さいですね。でも、小鳥や小動物を捕食する立派な猛禽類です。その証拠に、私の住んでいるマンションのベランダでスズメを食べていったのです。直接見たわけではないのですが、下の写真を見れば確かです。図鑑にもチョウゲンボウが市街地に進出していると書いてあったので、マンションを自然の崖のように思っているかもしれません。