IMG_2796.JPG

サギの中で最も大きなのがダイサギです。ところがダイサギには2つの亜種があって、冬に大陸から渡ってくるダイサギと、夏でも見られるチュウダイサギです。図鑑では二つの亜種は大きさが違うと書いてあります。家の前の土岐川には、冬にだけちょっと大きなサギが見られるので、これが冬鳥のダイサギだなと思っていました。でもチュウダイサギと同時に見たことがないので、ちょっと大きいなという感覚だけで判断していました。ところが先日、偶然、同時にいるところが見られました。写真のツーショットの左がダイサギ、右がチュウダイサギです。チュウダイサギの方が少し遠くにいますが、やはり大きさが違いますね。嘴の色も違いますよ。