DSCF3961

昨日、ヒンメリの展覧会に行って来ました。フィンランドのヒンメリ作家、エイヤ・コスキさんの作品60点が展示されていました。使われていた麦わら(ストロー)が、思ったより細いライ麦で、とても繊細で美しいと思いました。ギャラリーにショップがあり、そこでヒンメリのキット(ストロー、針、糸)を購入しました。早速、今日作ってみたので、写真をアップします。

大中小の正八面体の組み合わせです。一つの八面体は12本のストローで出来ていますが、一年の幸せを祈るという意味合いで月の数の12になっているそうです。室内でも、ほんの少しの空気の動きがあるだけで、この正八面体が回り始めます。その動きになぜか癒されます。今回の麦わらは細くて軽いので、よく回っています。

下の写真は組み立てる前の正八面体(大1個、中6個、小6個)です。

DSCF9922