NHKクローズアップ現代で放映された「座りすぎが病を生む!?」を見て、スタンディングデスクに興味が湧き、ネットで調べて見ました。放送に出てきた昇降式のデスクは、うん十万円だったので諦めました。でも、ニュージーランドのメーカー(Refold)が段ボールでできたスタンディングデスクを販売していることを知り、購入を決定。300US$(送料込み)とそんなに安くはないですが、腰痛にも悩んでいたし、思い切って購入しました。ネットで注文してから約1ヶ月、ついに国際小包で到着しました。
こんな状態で到着しましたが、基本的に段ボールなので、一人で軽々と持ち運べます。(梱包込みで7.8 kg)
箱を開けると、切り込みの入った厚めの段ボール板が出てきます。
その板を曲げたり、穴に差し込んだりして、組み立てていきます。
組立は10分もかかりません。上下をひっくり返して・・
最後に付属の防水板を被せたら完成!
スタンディングデスクでは高さが重要なのですが、昇降式でなければ大きな決断が必要です。自分の体にフィットしていないと疲れてしまいます。Refoldでは、100cm(Small)、105 cm(Medium)、110 cm(Large)の3種類の選択が可能です。購入までに、机に箱を置いてスタンディングデスクを模擬し、色々と試してみました。結果的に100 cmを選択したのですが、実際のデスクが来てみると自分にフィットしているなと感じました。購入を計画されている方は、よく考えてから高さを決めてください。
【RefoldのHP】http://www.refold.co/