私の住む町を流れる川、土岐川には、「牛」がいます。それが写真の『聖牛』とよばれる建造物です。かの武田信玄が考案したとも言われる「聖牛」ですが、大雨のときに川の流れを弱め、堤防を守る役割をします。「牛」には色々な種類があるのですが、特に頑丈なのがこの「聖牛」です。その姿は、鋭い角を上流に向けて、川が暴れないようにいつも監視しているように見えます。
コンクリートを使った河川改修より、このような伝統的な工法の方が、環境にも優しく、効果があるように感じるのですが・・