今年の1月頃、JRの駅のホームに次にようなポスターが張り出されたんです。自転車は、専用の輪行袋に入れたら、以前から電車に無料で乗せることができました。でも、その輪行袋の仕様が明確に書かれていたのです。これにはビックリしました。「自転車の一部が出ている」は×となったのです。実は、私の使っていた輪行袋は上から被せるタイプで、車輪が下に出ていると言われると×になってしまうのです。他にも、サドルが出ている輪行袋もあるようです。でもこれまで、そのことで注意されたことはありませんでした。
DAHON社も、JRのこのポスターに対応するように、新しい輪行袋を発売しました。で、私も購入することになったという訳です。今度は、下から被せるようになりました。
そしてファスナーをしめると完全に収納されます。これなら大丈夫そうです。
ただし、タイヤの下に薄い布があるので、置いたときに滑りやすいようです。電車内では、ちゃんと持って置かないと転ける可能性があります。やはり基本は他の人に迷惑を掛けないことですから、気を付けましょう。