最近、NHK-BSで次のふたつのドキュメンタリーを見ましたが、海外のドキュメンタリーの迫力に圧倒されました。このシリーズはまた再放送があると思いますので、どうぞ。

チェルノブイリの真相~ある科学者の告白~

地下深く 永遠(とわ)に~100,000年後の安全~

最初のは、怖くて内容は書けません。録画を何度も中断しながら見ました。
二つ目は、原子力発電所から出る廃棄物を最終処分する地下施設のはなし。世界に先駆けてフィンランドで建設が始まり、廃棄物が満杯になる2100年に完全に封鎖される。しかし埋めたものが危険でなくなるまでに10万年。そんな未来はだれも予想できない。人類がいるのかどうかも。(ちなみに10万年前にはネアンデルタール人がいた)その土地に危険だという警告(塔など)を建てるか、記憶から忘れ去られるようになにも建てないかという議論がなされている。
これはフィンランドだけの問題ではありません。
地球上には少なくとも25万トン以上の廃棄物があるという。