氷水に浮いたこの和菓子、岐阜県大垣の水まんじゅうです。あんこ(抹茶と小豆)がクズ粉でできた透明の生地で包まれています。大垣周辺をサイクリングし汗をかいた後に、お店の前で食べたのですが、見た目の涼しさに加え、冷たい喉ごしとやさしい甘さで疲れが吹き飛びました。