コオニ(小鬼)ヤンマの写真を撮りました。それで何に驚いたかというと、目と目の間、頭の上に小さな角(つの)が(赤丸で囲ったところに)あることです。小鬼の名前にぴったし!
昔々日本のことを、トンボの名をとって蜻蛉洲(あきつしま)と呼んでいたことを知りました。(大町文衛著:日本昆虫記)国名が日本ではなくて蜻蛉になっていたかもしれませんね。国旗も蜻蛉の絵だったりして。