昨日、NHKの東海地方版で「奇跡の干潟・六条潟〜三河湾 アサリ育む里海」という番組を見ました。「里山」という言葉は知っていたのですが、ここで初めて「里海」という言葉を知りました。愛知県三河湾に奇跡的に残る干潟「六条潟」は、アサリの稚貝が湧くように発生し、その稚貝を愛知県の漁師さんが採取して、地元の海に放流しています。(なんと日本のアサリの収穫量の約半分が愛知県産だそうです。)アサリは海を浄化する能力が高く、海をきれいにしてくれます。こうして「人の手が加わることによって環境が保たれている」海を「里海」と呼ぶそうです。「三河湾は里海」には納得でした。
番組では、逆に人が六条潟に与える悪影響についても紹介されました。六条潟を作っている豊川の上流に作られようとしている「設楽ダム」も紹介されました。自然環境は微妙なバランスで成り立っています。人の営みが、環境を良くするほうにも働く一方で、貴重な環境を破壊してしまうこともあることをしっかり考えたいと感じました。

三河湾で撮影したアサリ養殖場です
アサリが海を浄化し、海苔の養殖にも役立っています