(揖斐川での漁の様子)

先日、桑名を訪れました。アサリとハマグリの時雨煮を購入し、今美味しくいただいています。よく似た名前のお店がたくさんあるのですが、お店によって味が違うとのこと。今回は二つのお店の時雨煮を試してみました。確かに違う!!でも美味しい!!

桑名のハマグリは江戸時代からの特産品です。でも昭和40年代に年間3万トンを漁獲したのをピークに、昭和50年代に激減し、最近は年間数十トンだそうです。(だから一般に流通しているのは国産ではないみたい)ハマグリだけでなく、アサリやシジミも同様に減少しているそうです。その原因は干潟(藻場)の減少や環境の悪化です。そんな中、地元ではハマグリの復活に向けて色々な取り組みを行っています。そして少しずつ増えているみたいなので、桑名にハマグリが復活してほしいと思います。

参考:桑名市のHP(外部リンク)
赤須賀漁協のHP(外部リンク)