あまりニュースになっていませんが、泡瀬干潟(沖縄市)の護岸工事が20日に再開されました。リゾート開発のために美しい海が埋め立てられようとしているのです。この事業に対しては沖縄地裁が公金支出差し止めを命じています。しかし沖縄県と沖縄市は判決を不服とし、控訴しました。このような状況で事業(工事)を再開することに道理はあるのでしょうか。

 岐阜県も道理の通らない公共事業がたくさんあります。遠い沖縄のことですが、日本中で同じようなことが行われているような気がして、心配でなりません。