静岡県掛川市にある「ねむの木こども美術館」に行ってきました。この美術館は「ねむの木学園」という日本で最初に出来た肢体不自由児のための養護施設にあって、こどもたちの絵が展示されています。上の写真は2007年に新しくオープンした新館「どんぐり」です。自然に調和した優しいデザインです。白い壁の植物の絵もこどもたちの作品です。とてもかわいいです。屋根には本物の植物が植わっています。春になると緑になるんでしょう。中も真っ白な壁(一部は床も真っ白)でできた展示室があります。
そこに飾られた絵は、どれだけの時間をかけて描いたのだろうと思う繊細なものや、大胆な色遣いでインパクトのあるものなど、どれも印象に残る絵でした。白い部屋にエネルギーを持った色が飛び交っているという感じです。元気をもらえました。

外部リンク:ねむの木学園のHP