新幹線の駅で、どうしても咽が渇いたので、自動販売機でミネラルウォーターを買いました。日本では水道水が飲めるのに、どうして水を買うんだろうと自問自答しながら購入します。さらに気になるのが、日本にいるのにどうして外国の水を飲まないといけないんだろうということ。市販されているミネラルウォーターの450銘柄が国産、50銘柄が輸入だそうです。(参考:日本ミネラル協会のホームページ)フードマイレージ(輸送にかかる距離×重さ)が大きな輸入食品を飲食すると、二酸化炭素を多く排出してしまいます。

そこで自販機を見て、国産か輸入か見極めます。でもよくわかりません。そこで日本の地名の入ったものを購入します。複数の自販機があったら一つはあります。地名の入ったのは少し割高なような気がします。今日飲んだのは常念岳を水源とする水でした。280mlで110円というのは高価なので、車中で味わって飲みました。