本日発売のAERA(朝日新聞社)に私たちの研究所にある『日時計』の写真が掲載されました。15ページ目ですので、ぜひ購入して!ご覧ください。「のどかな時間が先端科学の現場に」とつけてもらったキャプションが、とても気に入りました。太陽の下で時間を過ごすと、とてものどかな気持ちになります。そしてゆっくりと時間が過ぎてゆきます。近ごろの人々は太陽に当たる時間が少なくなりすぎているのではないかと心配しています。もっと「のどかな時間」を大切にしましょう。
 記者の方にどうやって日時計のことを知ったのですかと聞きましたら、日時計のホームページでということでした。自分たちではあまり意識していなかったのですが、貴重な日時計であることを知りました。
 本物の『日時計』は、正門の前にあります。車を止めてご覧ください。守衛さんに伝えれば、近くにも寄れます。もし時間があれば玄関にある広報室にも立ち寄ってください。原則予約が必要ですが、担当者がいれば「先端科学」の施設見学もできます。