今日は滋賀県立近代美術館に「志村ふくみの紬織りを楽しむ」という展覧会に行ってきました。志村さんは、人間国宝の染織家で、絹糸を色々な植物で染め、平織りというシンプルな織りで着物を作られます。植物から得られる色は、神秘的であり、安堵感があり、またそれらの色を組み合わせても嫌みがないことを実感しました。植物の外観からは想像ができないような色が取り出されます。藍色、黄色、紅色・・。そして不思議なことに、植物のイメージである緑色は取り出せないことを知りました。緑色は、黄色に染めてから藍色に染めて作られます。すべてが自然の恵みで作られた織物に、人工的な物質にはない神秘的な美しさを感じました。